楽天モバイルトップ > 新着情報 > 楽天モバイルが「メインで利用している格安SIMサービス」シェアNo.1に

楽天モバイルが「メインで利用している格安SIMサービス」シェアNo.1に

楽天モバイルは、MMD研究所が行った、「2016年9月格安SIMサービスの利用動向調査」※において、「メインで利用している格安SIMサービス」という設問項目で、シェアNo.1を獲得しました。
※「2016年9月格安SIMサービスの利用動向調査

2016年9月 格安SIMサービスの利用動向調査

「2016年9月格安SIMサービスの利用動向調査」は、インターネットを用いて、15歳~69歳の男女35,161人を対象に実施されました。調査期間は2016年9月26日~2016年10月3日です。

主な結果は以下のとおりです。(楽天モバイルにて調査結果を抜粋して掲載)

メインで利用している格安SIMサービス

1位 楽天モバイル 20.7%
2位 OCNモバイル ONE 13.5%
3位 IIJmio 9.2%
4位 mineo 8.9%
5位 BIGLOBE SIM 6.5%

(N=5,171、全体対象者のうちの格安SIMサービス利用者)

 


※表記の金額は特に記載のある場合を除き全て税別です。

このページのトップへ