楽天モバイルトップ > 法人のお客さま > コラム > コラム一覧 > 可能性は無限大!データSIMによるIoT・M2Mでビジネスを加速

可能性は無限大!データSIMによるIoT・M2Mでビジネスを加速

可能性は無限大!データSIMによるIoT・M2Mでビジネスを加速

モノとインターネットをつなげるIoTや、機械と機械がネットワーク上で情報をやりとりするM2Mなどのテクノロジーの進化により、ビジネスシーンが大きく変化しています。こうしたテクノロジーのネットワーク回線の接続に、データSIMを使ったモバイル通信回線を選ぶ企業が増えています。その理由は、

  • 低コスト運用が可能
  • ビジネスの円滑化、業務の効率化の実現
  • ニーズに応じてカスタマイズできる

などで、企業の仕事の進め方や意志決定に大きな変化をもたらし、理想の労働環境づくりも可能となります。
ここでは、IoT、M2Mとはなにかを確認しながら、データSIMの活用法やメリットなどについて紹介します。

法人契約が増えているデータSIMのIoT・M2M活用

  

IoTやM2Mの運用に、なぜデータSIM利用によるモバイルネットワーク回線が、多く選ばれているのでしょうか。

IoT・M2Mとは

IoT・M2Mとは

IoTとは「Internet of Things」の略で、「モノのインターネット」と訳されます。いろいろなモノが通信機能を持ち、インターネットを介してつながることを意味しています。一方のM2Mは、「Machine-to-Machine」の略で、機械同士が相互に情報をやりとりする状態のことをいいます。M2Mだけではその情報は外部に出ることはないですが、IoTがその情報を収集し、クラウド上で共有することができます。

データSIMが選ばれる理由

IoTやM2Mが急速に拡大する中で、ネット上には膨大な情報が蓄積されます。このビッグデータを迅速に処理するには、大容量をまかなえるだけではなく、高速通信も必要となります。こうした課題に、比較的安価で対応できるのが、データSIMを使ったモバイルネットワークの利用です。データSIM利用にはほかにもメリットが多く、これらの理由により、たくさんの企業がデータSIMによるモバイル通信回線を選んでいます。

さまざまなビジネスシーンで活躍するデータSIM

   

データSIMによるネット回線は、ビジネスではどのようなケースで利用されているのでしょうか。

企業の業務負担の軽減、円滑化

企業の業務負担の軽減、円滑化

モバイル通信回線は、下記のようなさまざまな企業の業務や業種で役立っています。

  • 固定回線を引くことができない場所の「防犯・監視カメラ」
  • 輸送業の車両運行状況を管理できる「車両運行管理」
  • 運行データの管理や危険を察知する「車載カメラ」
  • 添付の売り上げデータをリアルタイム把握「POSレジ」
  • サイネージ接続で欲しい情報を欲しいときに提供「デジタルサイネージ」
  • 農作物管理や道路状況の把握などさまざまな「モニタリング」
  • 作業車の位置情報を取得して効率化を図る「動態管理」
  • 温度や気圧、振動などのセンサーデータを収集・管理「環境センシング」など

IoTトライアルや研究開発として

IoTを本格導入する前に、トライアルを行いたい場合や、実装ではなく研究開発段階で利用する際に、データSIMのモバイル通信回線ならば、低コストで実現できます。

スタートアップでも

資金が潤沢ではないスタートアップでも、気軽に利用できるモバイルネットワークであれば、社会にイノベーションを起こすような開発も、夢ではなくなります。

IoT・M2M用にデータSIMを活用するメリット

  

最後に、IoTやM2Mの運用における、データSIMのメリットや特徴をまとめておきます。

低コスト運用が可能

低コスト運用が可能

IoTやM2Mにモバイル通信回線を利用する最大のメリットは、やはりその運用コストを安価でおさめられる点です。また、スモールスタートで導入し、本格利用をする際にプランを簡単に変更できるサービスを、多くの事業者が提供しています。

ビジネスを円滑化させる機能

事業者によっては、パケットシェアができるプランや、セキュリティ品質の向上を実現するプランを有するところもあり、IoT・M2M推進のためのさまざまなサービスがあります。数ある機能の中から、自社の利用シーンに最適なプランや事業者を選ぶことが重要です。

ニーズに応じてカスタマイズできる

事業者が提供しているプランは、多くが、自社のニーズに合った機能やサービスをチョイスでき、その企業専用のオリジナルプランを組むことが可能です。必要に応じてスケールのアップダウンも可能なため、まずは気軽に相談をするところから始めましょう。

まとめ

データSIMによるモバイル通信ネットワークの利用は、企業のIoT・M2Mによる業務の劇的な推進や、組織や働き方改革を実現します。低コストで運用ができるため、スタートのハードルも低く、トライアルにも向いています。すぐにでも、自社のニーズに合う事業者やプランを探して、企業のIoT・M2Mをスマートに実現しましょう。