楽天モバイルトップ > 法人のお客さま > コラム > コラム一覧 > 法人用携帯には格安スマホが最適か?その動向を知る!

法人用携帯には格安スマホが最適か?その動向を知る!

法人用携帯には格安スマホが最適か?その動向を知る!

法人用携帯の市場は今後もますます伸張が予測されており、働き方改革や、IoT普及の一助を担うツールとしても注目されています。中でもコストを抑えることができる格安SIMの法人契約が急増していますが、主な理由としては、

  • 通信コストを削減できる
  • 経理業務の簡素化
  • 法人契約ならではのプランやサービスを選ぶことができる
  • ビジネスの円滑化を後押し

などが挙げられます。
ここでは、法人用携帯市場の動向を確認しながら、法人用携帯に格安SIMを導入する利点についてご紹介します。

今後も拡大する法人用携帯市場

  

個人契約にはない利点が多い法人用携帯の市場は、ますます拡大すると予測されています。

個人契約にはない利点が多い法人用携帯

成長が期待できる法人用携帯市場

法人用携帯とは、株式会社や有限会社などが法人名義で携帯電話を契約することで、個人契約よりも信用度の高い取引となります。また、通常は1台で行う個人契約と異なり、法人用携帯は複数の契約となるため、事業者との個別交渉によってサービス料金や提供条件を取り決める「相対契約」も可能となります。

法人用携帯は働き方改革や業績向上につながる

法人用携帯の市場は、働き方改革やIoTの普及により、今後もますます成長が期待できる市場とされています。法人用携帯の支給で可能となるいつでもどこでも仕事ができるモバイルワークは、働き方の多様性を支援します。例えば、会社のクラウドデータベースにアクセスすると、わざわざ会社に戻らなくても情報を共有できるので、労働時間の短縮につながります。子育てや介護などで家を離れられない優秀な人材の確保も可能です。契約手続きまでできるタブレットを営業職が活用すると、契約数が増え、業績向上に貢献できます。
このように、働き方改革や業務改善が期待できる法人用携帯は、潜在顧客の存在も大きく、個人契約にはない多くのサービスやプランが用意されています。ビジネスを円滑に進めるための商品も充実しており、こうしたメリットが得られるのも法人契約の魅力です。

法人用携帯に格安スマホが選ばれる理由

法人用携帯に、なぜ格安スマホが多く選ばれているのか、その主な理由をご紹介します。

ランニングコストの削減

ランニングコストの削減

法人用携帯に格安スマホが選ばれる最大の理由に、「ランニングコストの削減」が挙げられます。MNOの回線をレンタルしているMVNOは、基地局の増設や管理費、店舗運営費などを軽減できる分、MNOよりも安いサービスを提供できます。
格安スマホの契約には、音声通話SIM、データSIM、SMS付きデータSIMがありますが、どの契約でも、MNOに比べ月々のコストを抑えることが可能です。
ほかにも、一定時間の通話料無料、社内通話・メール無料など、個人契約よりも割安に設定されたプランが充実しており、ビジネスシーンで最も多い、取引先への連絡や社員間の情報共有が、低コストで実現します。また、端末代金なども、ビジネス向けに格安に抑えたプランが多く出回っています。
MNO並みの事務手数料や、MNPの際に手数料は派生するものの、月々のランニングコストを抑えられることは、企業にとって大きな魅力といえます。

業務の軽減・簡素化

 

業務に個人携帯を利用している場合、または、部署によって異なるキャリアを利用している場合は、すべての請求を確認しなくてはならず、作業に時間がかかりミスもうまれやすくなります。これを法人用携帯にすると、利用者ごとに確認する手間が削減できるようになります。

法人契約ならではのプランやサービスを選ぶことができる

ビジネスシーンでは多くなる通話も、割安で利用できるプランや、限定時間内のかけ放題プランなども充実しています。また、余った高速データ通信容量を翌月に繰り越しができる社員間パケットシェアなど、複数台利用で、よりメリットを感じることができるサービスなども多くあります。
さらにこうしたプランやサービスを、自社のニーズに合った内容で細かくチョイスできるので、予算管理をしやすいメリットがあります。

ビジネスの円滑化を後押し

例えば、格安SIMの利用により通信費を削減した分を、営業職全員にタブレットを支給する費用に充てれば、業務の効率化・円滑化につなげることもできます。グループウェアでの情報共有なども簡単に行うこともでき、ビジネスチャンスの拡大につながります。

プライベートとビジネス用で分けられる

法人用携帯を支給された社員は、個人用携帯とビジネス用携帯を区別して使えるようになります。また、個人携帯を商用でも利用しており、使った分だけを会社が支払っていた場合は、経費が曖昧にならずに済むようになります。

法人用携帯の注意点

このように、メリットの多い法人用携帯ですが、注意すべき点も押さえておきましょう。

通信コストすべてが会社負担となる

通信コストすべてが会社負担となる

携帯電話を法人契約するということは、会社がその経費のすべてを負担するということになります。導入時だけではなく、端末の入れ替えやソフトウェアのアップデート、契約の変更が必要になる場合もあります。初期導入費だけではなく、こうした維持費もしっかりとシミュレーションして、常にコスパのよいプランへの見直しが必要となります。

私的利用まで管理できない

法人用携帯を、社員がプライベートで利用したとしても、把握ができないのが実情です。こうしたトラブルを避けるためにも、導入前に運用ルールを決めておくことをおすすめします。私的利用発覚時の罰則や、法人用携帯で通話・通信できる範囲、閲覧禁止のサイトなど、事前にルールを共有しておくと、社員の反発なく私的利用の防止につながります。

まとめ

携帯電話を法人用携帯にすることにより、コストカットや業務の効率化、業務負担の軽減など、多くのメリットがうまれます。法人契約を迷っている場合は、ぜひ参考にしてください。