楽天モバイルトップ > 法人のお客さま > コラム > コラム一覧 > 法人用携帯はどちらがおトク?音声通話SIMとデータSIMの違いを徹底解剖!

法人用携帯はどちらがおトク?
音声通話SIMとデータSIMの違いを徹底解剖!

法人用携帯はどちらがおトク? 音声通話SIMとデータSIMの違いを徹底解剖!

格安スマホに格納するSIMカードには、大きく分けて「音声通話SIM」と「データSIM」の2種類があります。その違いは、

  • 音声通話SIM=一般的な通話とデータ通信ができる
  • データSIM=データ通信のみができる

ですが、法人用携帯を格安スマホにする場合は、どちらを利用するのがよいのでしょうか。 自社の目的に合った賢い選択をするには、それぞれの特徴を理解する必要があります。 ここでは、両者のビジネスシーンで役立つ機能や用途についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

音声通話SIMとデータSIMの違い

音声通話SIMとデータSIMは何が違うのでしょうか。

音声通話SIMとは

音声通話SIMとは

 

音声通話SIMとは、電話番号で通話ができるSIMカードのことで、090/080/070などの電話番号が付与されます。ドコモ・au・ソフトバンクなどの大手キャリアは、この音声通話SIMを採用しています。
また、データSIMの機能も携えており、SMS(ショートメッセージサービス)の受信も可能で、スマホの機能をフル活用できるカードといえます。
電話番号をそのままに、キャリアから格安SIMへ乗り換えたい(MNP)場合は、音声通話SIMを選ぶことになります。

データSIMとは

データSIMとは、データ通信のみが行えるSIMカードで、電話番号での通話はできません。ただし、メールやWEBブラウザ、アプリなどは利用できるため、050PlusやLINE無料電話、スカイプなどによる通話サービスは利用できます。 また、圏外エリアを除けば、Wi-Fi環境でなくてもインターネット接続ができるので、iPadやモバイルのWi-Fiルーターとして利用する場合や、2台目のサブ端末用に契約するケースも増えています。

SMS付きデータSIMとは

SMS付きデータSIMとは

 

SMS付きデータSIMとは、SMSも利用できるデータSIMのことです。SMSは、スマホや携帯電話間で短い文章を送受信できる機能ですが、最近は、サービスやアプリ、新規アカウントなどを登録するときの「2段階認証」に多く使われます。ログインID・パスワード入力後に必要な認証コードは、SMSを通じてスマホに送られることが多く、SMS機能がないと認証コードを受け取ることができません。 二段階認証は、効果的なセキュリティシステムとして、LINEやFacebookなどのほか、AmazonなどのECサイト、Paypayなどの決済サービスなどにも広く使われています。SMS機能が付いていると、こうした手続きもスムーズに行うことができます。

音声通話SIMの特徴・使い途

音声通話SIMの特徴・使い途

最初に、音声通話SIMの機能や、ビジネスシーンにおける用途を説明しましょう。

新規契約を格安でできる

新規に法人用携帯を契約する場合でも、格安スマホの音声通話SIMならば、大手キャリアよりもコストを抑えることが可能です。

MNPに対応できる

大手キャリアで契約していた電話番号をそのまま使いたい場合は、音声通話SIMの契約が必須です。特に営業職などの場合、仕事の相手がすでに自分の番号を登録していることが多く、今までの「電話番号による通話」ができなくなると、連絡ミスやチャンスロス、相手に不快な思いをさせてしまうなどになりかねません。こうしたトラブルを避けるためにも、電話番号が必要な場合は、音声通話SIMでの契約をおすすえめします。

利用期間縛りや違約金がある場合も

音声通話SIMには、いわゆる縛りといわれる最低利用期間や、一定期間利用後の解約でないと違約金が発生する場合があります。最低利用期間は12か月と、大手キャリアよりも短いケースが大半ですが、契約時にきちんと確認することが重要です。

データSIMの特徴・使い途

データSIMの特徴・使い途

次に、データSIMの特徴も確認しておきましょう。

タブレットにはデータSIMが最適

通話の必要がないタブレットなどの契約には、データSIMがおすすめです。資料の説明にタブレットを使う営業職用や、部署ごとに数台のタブレットが必要などの場合に、料金を抑えられるデータSIMの契約は賢い選択といえます。

Wi-Fiルーターとしての利用

スマホのほかに、別途Wi-Fiルーターを法人契約により社員に貸与している場合は、データSIM契約のタブレットなどをWi-Fiルーターの代用として使用させることもできます。

SMS付きデータSIMでセキュリティ強化

ビジネスツールでもあるチャットワークなどは、二段階認証によるセキュリティ強化も可能です。お取引先とのやりとりをこうしたツールで行うことが多い場合は、SMS付きのデータSIMならば安心です。

アプリによる通話ができる

データSIMであっても、インターネット回線を利用して、IP電話の利用やアプリ通話が可能です。

緊急電話がかけられない

データSIM契約のスマホでは、110や119などの緊急電話がかけられません。例えば、同行した取引先の重役が急に倒れた、イベント会場で事故が起きたなど、ビジネスシーンでは緊急事態や不測の事態がないとは限りません。こうしたリスクを回避するのであれば、音声通話SIMの方が安心といえます。

まとめ

音声通話SIMとデータSIMの大きな違いは、電話番号による通話の可否ですが、ほかにもできること・できないことがそれぞれにあり、一概にどちらがよいといえるものではありません。自社のニーズやビジネスシーン、職種や利用量に合った適切なプランを検討しましょう。