私が大手キャリアのスマホをやめた理由

更新日:2019.06.21

私が大手キャリアのスマホをやめた理由

乗り換えたい通信サービスNo1※1の楽天モバイル。CMなどの広告で見かける金額は確かに大手キャリアに比べて低価格ですが、「後から金額を請求されるのでは?」「ネットがつながりにくいから安いのでは?」といった心配もありますよね。現在、大手キャリアを利用している人からすると、乗り換えのきっかけや決め手が何だったのかが気になるところ。今回インタビューに応じていただいたのは、都内在住のKさん。楽天モバイルに乗り換えた経緯を聞いてみました。

Kさん 40代女性 都内在住

大手キャリアは月額料金が高く、通話料もかかるのが不満だった

大手キャリアは月額料金が高く、通話料もかかるのが不満だった

「以前はソフトバンクユーザーでしたが、月額料金の高さが気になっていました。昔携帯料金は3,000~4,000円程度に収まっていたのが、徐々に高くなっていきましたよね。料金についてソフトバンクに問い合わせてみても、しっくりくる回答が得られませんでしたし、毎月7,000円以上もかかっていることに疑問を感じていました。またソフトバンク同士の通話無料サービスや通話が無料になるアプリサービスもあったのですが、固定電話に掛ける場合は有料。ちょうどCMや広告で見る機会の多かった楽天モバイルが気になって調べてみたところ、「10分かけ放題」があっていいなと思いました。」

契約はスマホひとつ。ネットでの契約でも簡単!

大手キャリアは月額料金が高く、通話料もかかるのが不満だった

携帯電話は契約が難しく面倒な印象がありますよね。Kさんはどのように乗り換えをしたのでしょうか?「自宅でスマホから契約しました。楽天モバイルの公式サイトはチャット形式で質問ができるようになっていて、リアルタイムでやりとりができます。不安な点をすぐに解消できたおかげで、スムーズに申込をすることができました。」申込にかかった時間は30分程度。ネットで買い物するのと同じような感覚でできたとのことです。

楽天スーパーポイントが貯まりやすくなった!

Kさんが楽天モバイルにした決め手は無料通話だけでなく、楽天カードの利用も大きく関係しているとのことです。「日々の生活の買い物において楽天市場を利用する機会がとても多いですし、スーパーやコンビニでも楽天カードや楽天Payを使用します。楽天モバイルだと楽天ポイントが貯まりやすくなるため、他社を検討することはなく、乗り換えを決めました。」楽天会員が楽天モバイルと契約した場合、楽天市場でのお買い物がポイント2倍になります。Kさんはポイントを効率よく貯めて、買い物にポイントをうまく活用しているようです。

大手キャリア利用時の通信速度制限がなく、イライラがなくなった!

大手キャリア利用時の通信速度制限がなく、イライラがなくなった!

通信速度やつながりやすさについてはどうなのでしょうか。「通勤時間は約1時間程度。その間、音楽を聴いたり雑誌アプリを見たり、SNSを見たりしますが、特に支障はありません。むしろ、ソフトバンクを利用していた時の通信速度制限がなくなって快適になりました。楽天モバイルはデータ使い放題で速度制限がかからないので、お得ですよね。」通信速度制限がかかると、静止画の読み込みですら時間がかかり、モザイクがかかったようになってイライラする…という経験がある方は多いですよね。楽天モバイルは、ギガを使い終わった後でも、最大1Mbpsで使い放題です。Kさんが契約しているスーパーホーダイプランSの高速通信容量は2GBですが、ギガがなくなっても特に大きな変化は感じないそう。「1番安いプランにして正解でした!楽天モバイルでは通信速度制限を気にすることなく、現在月1,000円程度の支払いで済んでいます。」ソフトバンク使用時は毎月約7,000円だったので毎月約6,000円も安くなっていることにかなり満足している様子。

実際のKさんの月額利用明細 楽天のダイヤモンド会員のため、通常1,480円から500円が引かれて980円(税抜き)※図は税込み表記。

結果、解約手数料を払ってでも乗り換えた方がオトク

乗り換えの際、ネックになるのが契約更新月以外で解約時に掛かる違約金です。Kさんはソフトバンク2年契約期間中でしたが、途中解約して楽天モバイルに乗り換えています。「契約期間終了を待って毎月の料金を支払い続ける方が高くつくため、違約金を払ってでも早く解約して乗り換えることを選びました。」

今解約をすると、違約金が発生することを気にする方も多いと思います。しかし、Kさんのように乗り換えることで1年も経たないうちに元が取れるのではないでしょうか。Kさんはもうソフトバンクに戻る気はまったくないそうです。ぜひ一度、今お使いの携帯電話との料金比較をしてみることをおすすめします。

【次ページ】料金プランについて

▼他の記事を見る

ライタープロフィール

ライター:OUCHI
1983年⽣まれ東京都出⾝、コピーライター/エディター。
広告代理店にて数多くの化粧品関連の広告コピーを⼿掛ける。その後はIT企業、エンタメ企業など分野を広げ、業種を問わずに幅広く取材・執筆をしている。

  • MMD研究所/2019年通信乗り換えに関する調査
    調査は、スマートフォンを所有する20歳~69歳の男女※2,100人(予備調査21,683人)を対象に2019年4月2日~4月7日の 期間で実施されました。
    ※通信大手サービスを利用中で現在契約している通信会社から他社へ2年以内を目途に乗り換えることを検討している人
    (ドコモ、au、ソフトバンク各500人、Y!mobile、UQ mobile、楽天モバイル各200人)